人は絶対に変われる、非モテ貧乏から下剋上した話

スポンサーリンク
人間関係構築

人は簡単に変われる。

行動するだけだ。

以上頑張れ。

これだけだと「お前なめんなよ」と殴られそうだ。

ただ本当に行動する以外に変わる方法はないし変わるための方法は行動しかないのだ。

SNSなどを見ていると特に思うのだが行動することなしに変わろうとしている人があまりに多いのに驚く。

TwitterやYouTubeでインフルエンサーの話を聞いて何も変わらない

変わるためには今すぐに行動するしかないのだ。

とはいえ何を始めたらよいのか皆目見当つかないという人もいるだろう。

そこで元非モテ貧乏の私自身が下剋上を果たした経緯から再現性が極めて高いと思われる真理をみんなに共有する。

下剋上とはつまり「非モテ貧乏の状態から女性とお金にも困らない状態に移行した」である。

男にとってはこの女とカネに困らなくなるのはある種超えておくべき境地でもあると私個人としては考える。

スポンサーリンク

行動しなければ人は変わらない

行動しなければ人は変わらない

これが厳然たる事実である。

待っていても突然あなたの前に美女が表れて「好き」とは言ってこない。

待っていても突然あなたの銀行口座にお金が振り込まれてるなんてことは起きない。

行動しなければ何も変わらない。

だいたいおんなじ毎日そいで まあまあ それなり OK

だけど、なんとなく空見上げちゃうんでしょ?

完全夢想の BOYS & GIRLS 気持ち見抜かれちゃうから笑う

だけど本気なんじゃない そんなもんじゃない

Rocket Dive by 故X JAPAN hide

hide with Spread Beaver – ROCKET DIVE

 

行動こそが性格を形作る

なぜ行動が大事かとアホの一つ覚えの様に唱えているかというと行動こそが性格を形作るからである。

たとえば自信満々な男、山田君がいるとする。

山田君は性格が自信満々だから自信のある素振りや行動を取るのではない。

逆である。

自信の湧く様な行動を取るから自信満々になるのだ。

行動→性格

私たちの普段の何気ない行動が性格を形作っている。

「何だか自信がない」

というのはつまり「自信が湧かないような行動ばかりしているからだ」

性格というのは日常の行動の集大成で出来上がっている。

姿勢を良くする、筋トレする、人前で堂々と話す、女性を口説く

これを日常的に息を吐くようにやっていると自信が湧いてくる。

一方で

オナニーばかりする、女性と関わらない、猫背、運動しない、ぼそぼそ話す

これだと自信が全然湧いてこない。

行動こそが人を変える興味深い実験が提出されている。

被験者を2グループに分けて

グループAの被験者は猫背にさせた
グループBの被験者は胸を張らせた

すると胸を張らせた被験者の方が圧倒的に自信満々になったのだ。

さらに被験者らに実際に賭けごとをさせたところ胸を張らせた被験者の方がお金を賭けるようになった。

血液の化学物質を調べたところ男性ホルモンのテストステロン値が増えてコルチゾール(ストレスの元となる化学物質)が減っていたのだ。

このように行動は人の性格や態度に大きな影響を与える。

そしてそうした行動を積み重ねていくと別人のようになっているわけだ。

以降では私が最低限絶対に守っている行動があるのでそれらを紹介しよう。

オナニーをし過ぎない

自信を持ちたいと思っていてもしこしこしていないだろうか。そうオナニーのことだ。

はっきり言ってどれだけそのしこしこ行動が我々の自信をどれだけ損なっているかある程度自覚的になった方が良いだろう。

オナニーばかりしていると「セックスにありつけずしこしこするしかない俺」というセルフイメージが強化されしみついてしまう。

ただもうオナニーの害とオナニー禁止(通称:オナ禁)についてはこれまでの記事で書き尽くしたのでオナ禁についてはそれらの記事に譲ろう。

【人生詰む】人生を破壊するオナニーの害と恐怖のデメリット
オナニーは健康にいいよ。シコシコしましょう。 こんな言説が人気のAV男優しみけん氏によって流布されている。 そしてその言説を鵜呑みにしたオナ猿の烏合の衆が嬉々として「ほらしみけんもオナニーは健康にいい。オ...
【おな禁者の告白】おな禁で自制心を取り戻し女とカネが手に入った
おな禁を頑張ると人生が好転し始める。 これは何もオカルトでも超常現象でもない。科学的にも非常に理にかなっている。 なぜなら人間にとって最大の欲望である性欲(オナニー)をコントロールするというのは自制心を鍛えるのに役立つからだ。 ...

 

姿勢を良くする

前述した様に姿勢を良くするだけで男性ホルモンのテストステロン値が上昇しストレスの元となるコルチゾールが減少する。

テストステロンはリスキーで積極的な性格を形作ることで知られている。ストレスは社交不安の元となるものだ。ストレスでオドオドきょろきょろしてしまい挙動不審となる。

女性はこの挙動不審な男をかなり嫌う。

女性はむしろちょっと自信過剰なくらいを好むものだ。いつも姿勢を良くして自信満々でいるようにしよう。

姿勢(行動)こそが性格を形作る。

 

筋トレする

筋トレによって男性ホルモンのテストステロンが分泌される。このテストステロンは生半可なものではない。

我々の性格すら大きく変えてしまう。筋トレをすることで別人に生まれ変わることが可能になる。

テストステロンが分泌されると

・活力が湧く
・積極的になる
・リスク志向になる

一方でテストステロン値が低いと

・疲れやすい
・不安感、イライラ
・やる気や集中力の低下

テストステロンの増やし方。モテる以外の効果も物凄かった
あなたはテストステロン不足を舐めてないだろうか?以下の様な症状に思い当たりのある人はいないだろうか。・なんかだるい・不安がつきまとう・寝れない・集中できない これはテストステロンが不足している可能性が高い。筆者もテストステ...

 

常に複数の女性を口説く

常に女性と交流していることで「女性といつでも遊べる自分」というセルフイメージが強化される。

すると本命の女性の前でも物怖じすることが無くなって余裕を持って振る舞える。

すると”ゴーーーール”できる確率が増える。

本当に不思議なのだが誠実というのは対女性においてはあまり役立たないのだ。もちろん誠実さは仕事においては重要である。

こと女性に対してはあまり役立たない。特に出会ったばかりにころに1人の女性にコミットしすぎるのは本当に良くない。

女性は本能的に「他の女とやれない男」を排除するように出来上がっているのではないかと思うほど。もちろん彼女らはそんなこと言わないが非モテ臭をかぎ取るセンサーが高度に発達していることは確かだ。

誠実さは付き合ってから出せばよい。

 

【神の掟】チートすぎだが効果絶大な習慣を変える方法
私たちはほぼ無意識の内に何らかの行動をとっている。 たとえば特に用もないのにラインの通知ばかり気になってラインを見てしまったり、SNSに「いいね!」がついていないか気になって何度も開いてしまう。 ファミマでアイスクリーム...

 

この7つの悪い習慣が人生を破滅させる、止めるコツを教えよう
私はかつて家電量販店の隅っこにある携帯販売コーナーでどん底にいた。 店舗に来た客にスマホを説明し買わせる販売促進の仕事をしていた。 顔はニキビだらけでテカテカお肌。フケが肩につきまくりで髪の毛はギトギト。ろれつが回らず挙動不審。...

 

Comments

タイトルとURLをコピーしました