【Da〇goに反論】おな禁とテストステロンの関係、メリットは絶大

スポンサーリンク
成功の習慣

※筆者はDa〇go氏のニコニコ動画のチャンネル登録もしており頻繁に視聴している。個人的にDaigo氏に対する敵対感情は何もないことはここに述べておく。

Da〇go氏がオナ禁に効果ないと言ってるぞ!

オナ猿がしたり顔でおな禁者の私に向かってこう言ってくる。

どうやら以下の動画で否定しているとのことだった。

童貞が性戦士になるテストステロンの科学

 

おな禁への言及は3分02秒から始まる。

おな禁でテストステロン値は高まらないと研究で否定されていると語っている。

だがDa〇go氏の話を聞いてその根拠は何なのか?と思った。

私は英語圏の情報もひたすら読み込んできたのだがおな禁の効果を研究しているものは2003年の中国の研究だけだった。

研究内容は「オナニーを1週間止めると男性ホルモンのテストステロンが45.7%増加。8日目以降は通常の状態に戻った」というものだ。

もしかするとDa〇go氏のおな禁意味ない論の根拠はこの研究だろうか?

その線が高そうだが、その言い分としてはテストステロン値が8日目以降は元に戻ってるんだからおな禁は意味ないということなのだろうか。

しかしだ。この研究は短期的な研究であり長期的な研究ではない。長期的に研究すればテストステロン値がどのように変化するかは分からない。

そもそも7日目に相当にテストステロン値が上がっているのだからおな禁がテストステロン値向上には役立たないというのもちょっと論理破綻している。

「Da〇goがあーだこーだ」と他人の言説を振りかざすのもそれはそれ良いだろう。他人の言を借りて行動しないのは典型的なオナ猿の特徴でもある。

もちろんおな禁を信奉するもしないもあなたの勝手

ただ自分は何もせずに「Da〇goがおな禁意味ないと言ってる」と何もしないのが一番もったいない。

自ら試してみて効果ないならやめりゃ良いし、効果があると感じたら継続すればよい。別に金もかからないし時間もかからない。むしろエロ動画でしこっている時間の1日1時間を節約できるのは明らかなメリット。

以降では私がおな禁で感じた劇的な変化の体験記だ。明らかにテストステロンの仕業であったと確信している。

なおテストステロンがもたらす効果をざっくりまとめると以下

・活力に溢れる
・集中力が増す
・リスクテイカーになる
・筋肉がつきやすくなる

テキストで読むだけだとイマイチその効果の凄さを実感できないかもだ。だが、いざ上の効果を実感すると2度とテストステロンを減ずると考えられるオナニーはしたくなくなる。

スポンサーリンク

おな禁メリット:私に起きた症状

テストステロン値上昇によって引き起きたと推測される体験を以降で紹介していこう。

おな禁メリット➀筋肉がつきやすくなった

おな禁を始めて以来、明らかにつく筋肉の質が異なるものとなった。これは明らかにテストステロン値上昇の効果であるだろう。

私はおな禁前から筋トレをしていたわけだが筋トレをしてもしてもなかなか筋肉がつかなかった。必死で筋トレしてるのにひょろいまま。

だがおな禁を開始して同じ筋トレメニューをすると腹筋がバキバキになった。おな禁前だと腹筋はそこまで割れていなかったのにだ。おな禁以降に腹筋をすると容易にバキバキに割れてシックスパックとなったのだ。

 

おな禁メリット②活力が溢れる

おな禁を開始して以降、腹の底から活力が湧いてくる。

オナ猿の頃はどうしてもふにゃっとした感じだった。歩くのもだるいし、生きているのもだるいというレベルだったのだ。

常にだるい、なにをしててもだるい。美味しいラーメン、美味しいケーキを食べてもだるい。

しかしおな禁を開始して以降はとにかく動き回りたくなった。土日の週末にはさくっと沖縄に一人旅に行ったり台湾に行ったり、GW休暇では東南アジアにパッと行ってみたりと行動力が増した。

また本業の仕事以外にも副業でブログを開始してビジネスにも精が入るようになった。

おな禁で人生は前向きになったと断言できる。そしてこの作用は明らかにテストステロン値上昇によるだろう。

おな禁メリット③リスクテイカーになる

おな禁を始めると以前なら「どうせ失敗するだろうな」と後ろ向きだったり躊躇しがちだったウジウジ、ナヨナヨ志向が消滅した。

俺なら絶対に成功する」と根拠なき自信が溢れてきて行動的になった。女性に対してもとりあえずアプローチしてみる。拒否されても特に気にしない。次の女性にまたアプローチする。

仕事でも「俺なら絶対に成功する」と徹底的に副業に打ち込むようになった。1年くらい続けていると本業の収入の数倍もの収益をあげるようになった。

明らかに以前よりもリスクテイカーになったのだ。行動に躊躇しない。失敗しても失敗から学んで再チャレンジする。

このリスクテイカーな性質に変わったのはテストステロンの作用だろう。

おな禁メリット④目つき・顔つきが変化する

おな禁をしていると「顔変わったね」と言われる機会が増えた。

目つき・顔つきと言うのはその人のエネルギー値を如実に示すものだ。オナ猿の頃はひたすらだるかったので目は常にトロンとしていた。また顔もダルそうで精気のないのがデフォルトであった。

おな禁を始めると活力に溢れてそれが目つき・顔つきにも反映される。傍から見ると別人かと思うくらいに「活き活きとした雄」へと変化を遂げるのだ。

おな禁デメリット:私に起きた症状

おな禁のデメリットもある。以下の症状が私に起きた。

おな禁デメリット➀喧嘩っ早くなる

おな禁をするとオナ猿の頃よりも明らかに喧嘩っ早くなる。

テストステロンでリスクテイカーになる、活力が溢れるメリットがあるがそのテストステロンの裏面となるデメリットは”喧嘩っ早くなる”だ。

路上で誰かに絡まれたり挑発されたら涼しい顔では済ませれなくなる。パワハラ上司に詰められたら何らかの反論をするようになるだろう。頭に血が上りやすくなるのだ。

だれこれは結構なデメリットなのでしっかりコントロールできるようにならないとマズい。筋トレするなどして過剰なエネルギーを解消するようにした方が良い。

おな禁デメリット②風邪をひきやすくなる

オナ猿の頃よりも明らかに、もう5倍くらいは活力は増えたが風邪は引きやすくなったように思う。

これはテストステロン値が上昇したからだと考えられる。実はテストステロンと言うのは免疫抑制的な働きをする。つまり「免疫システムの有効性を弱める」働きもあるのだ。ゆえに風邪をひきやすくなったのだろう。

テストステロンはメリットも多いがこうしたデメリットもある。

おな禁は無料である、効果なきゃ辞めればよいし効果があれば継続

何といってもおな禁は無料である。

おな禁の効果がなかったといっても失うものは何もないのだ。むしろエロ動画でしこっていた時間を得られるのでプラスである。

一度2週間ほどおな禁に取り組んでみて効果があれば継続し、効果がなければ辞めればよい。それだけの話なのだ。

【必見】私のオナ禁体験シリーズ

おな禁0~3日目【身体が軽くなる、活力が溢れ始める】
おな禁4~7日目【目覚めが良くなる、睡眠時間の短縮】
おな禁8~14日目【ニキビ減少、肌がサラサラに】
おな禁15~30日目【朝立ちの復活、雄の本領発揮】
おな禁30日目【身体が”雄化”、腹筋バキバキ、女が群がってくる】
おな禁58日目【ついに合体】

 

 

Comments

  1. 死肉園 より:

    賢者さんはじめまして。死肉園と申します。
    色々な記事を楽しませて頂いてます!
    私もDaigo氏のオナ禁には効果がないという説には懐疑的です。
    こちらの記事にテストステロン等の考察を私なりの解釈で書いてみましたので、もしお時間がありましたら読んでいただけたらなと思います。

    https://shinikuen.com/2020/04/19/column04/

  2. 賢者賢者 より:

    おお凄い。さすが理系ですね。

タイトルとURLをコピーしました