おな禁で目つき顔つき豹変、オナ猿とおな禁者の違いは”顔痩せ”

スポンサーリンク
成功の習慣

おな禁をするとオナ猿を見分けられるようになってくる。

オナ猿の顔の特徴はこんな感じだ。

・脂でギトギト、テカテカ
・目が死んだ魚の目の様になっている
・表情に乏しい
・ほっぺが垂れている

一方で2週間越えのおな禁者になるとこんな感じだ。

・ニキビが少なくサラサラ、ツルツル
・目力が凄い
・表情が豊かで何を考えてるかわかりやすい
・顔が引き締まっている

おな禁者の方が圧倒的に活力にあふれているように見えるし好感度が高い。

事実、私はおな禁を始めて実家に帰省した時には「若返った」「顔変わった」と久しぶりに会った家族や友人らか口々に言われたのだ。

スポンサーリンク

おな禁者にはオナ猿が見分けられる

おな禁を始めてから驚いたことなのだが、街を歩いていると「こいつオナ猿やな、ぜってー毎晩しこってるだろうな」とオナ猿を見分けられるようになったということだ。

まず死んだ魚の目をしておりオドオドしている。

もちろん見知らぬ他人で「オナニーどれくらいしていますか?」と訊いたことはないのだがオナ猿臭みたいなのにひどく敏感になったのだ。

道を歩けば、自販機の前にオナ猿、改札の前にオナ猿、コンビニの本コーナーにオナ猿…といたるところにオナ猿を発見するようになった。

明らかにオナ猿とおな禁者では放つオーラが違うのだ。オーラとかいう表現は非科学的であまり好きではないのだが他に妥当な表現がない。

オナ猿オーラ、おな禁オーラといったものが明らかに漂っていることは確かだ。

女は確実にオナ猿を見分けている(無意識に)

おな禁者がオナ猿の男を見て「こいつオナ猿やな」と見分けるのは別に何の問題もない。

問題なのは女はもっと、おな禁者以上にオナ猿の男を見分ける能力を持っているということだ。確実に女はオナ猿センサーに近い嗅覚器官を発達させているはずということだ。

女は良く「あの人何かかっこいい」とか言う。

何かしら。あの人なんかかっこいい。色気がある。

そのなんでかは分からないけどと言語化できない要素、無意識に女が感じ取っているものはその男の内的な性的エネルギーと自制心の高さみたいなところだろう。

 

ヒトラーなどは若かりし頃から禁欲主義者だったと知られている。若かかりし日のヒトラーの友人にイケメンの友人がいたそうだがヒトラーと歩くたびに女性から好意の目を向けられていたと語る。

でその友人は最初は自分にその好意が向いているのかと思いきやその好意はすべてヒトラーに向かっていたのだ。禁欲主義だったのと関係があるのではないだろうか。女性は敏感である。

オナ猿はエネルギー量が低く自制心がない

オナ猿はオナニーのしすぎてもはやこのエネルギーが20%くらいしかない。夜な夜なオナニーをしているために自制心のかけらも持ち合わせていない。

ソースはかつてオナ猿だった私自身である。自制心はなく仕事に打ち込む気は起きず四六時中エロしか頭になかった。家に帰ってしこるのが唯一の楽しみ。

一方でおな禁者はオナニーもせずにエネルギー量がオナ猿よりも圧倒的に高く、ストイックな自制心すら感じさせる。そうストイックかつ性的エネルギーが高いという相反するような要素を兼ね備えており色気があるのだ。

この性的エネルギーの高さと自制心の高さこそが「あの人何かかっこいい」の何かであると私は推測している。

女としては後世に自分の遺伝子を残すために自制心が高くてサバイバル能力が高くかつ子孫をばらまけるような優秀な男の遺伝子を欲するだろう。

人間は自分の遺伝子を遠い未来まで残すように設計されているのだからそのようなセンサーがあっても当然なのだ。

遺伝子をばらまいてくれそうな(※やりちんではなくとも女性に困らない)男を女はオーラやら何らかの嗅覚の様なもので嗅ぎ分ける。こういった能力を女は発達させてきたことは間違いない。

オナ猿を見て「こいつオナニーしてる」とかは思っていないだろうが「こいつなんか微妙、もさい」みたいなジャッジは下しているはずだ。

オナ猿時代の私が圧倒的にモテなかった理由がわかった

私はオナ猿時代は圧倒的にモテなかった。

連戦連敗である。言っておくが顔はそこまで悪くないはずだ。生田斗真に似ていると言われたことも何度かある。自分で言うのもあれだが実際に結構似てると思う。

ただしモテない。いくら生田斗真でもモテなければ意味がない。

モテない理由と言うのはもうほぼオナニーのし過ぎであったと確信している。

今なら分かるのだがオナ猿時代の自分は女の無意識なオナ猿排除センサー「こいつなんか微妙、もさい」によって恋愛候補から外されていたのだろう。

いくら生田斗真の様な顔であったとしても

・脂でギトギト、テカテカ
・目が死んだ魚の目の様になっている
・表情に乏しい
・ほっぺが垂れている

これだと駄目なのだ。どうしても女が発奮できない。

女に文句を言う前におな禁しろ

最近の男の風潮として「女が選り好みしすぎなんだよ糞ビッチが」と女を責め立てる論調がある。

しかしながら女を責める前に「おな禁せよ!」と言いたい。私は男だが、もし自分が女に生まれていたとしたらオナ猿の男には抱かれたくない。

女からすると一生に妊娠できる回数は限られているしオナ猿の男とセックスして弱そうな遺伝子が引き継がれるのは嫌!みたいな本能の様なものが発動するのではないかと思う。

女を攻める前に「おな禁せよ!」ということである。

【必見】私のオナニー体験記シリーズ

おな禁0~3日目【身体が軽くなる、活力が溢れ始める】
おな禁4~7日目【目覚めが良くなる、睡眠時間の短縮】
おな禁8~14日目【ニキビ減少、肌がサラサラに】
おな禁15~30日目【朝立ちの復活、雄の本領発揮】
おな禁30日目【身体が”雄化”、腹筋バキバキ、女が群がってくる】
おな禁58日目【ついに合体】

 

Comments

タイトルとURLをコピーしました