おな禁経過0~3日目の効果【身体が軽くなってくる】

スポンサーリンク
成功の習慣

禁欲してから集中力が上がって朝の目覚めが凄くいいんだ!」と友人のアメリカ人が興奮した感じでどや顔してきた。

その話を聞いた直後は半信半疑であった。

なんでもそいつは禁欲(abstinence)を1か月しておりセックスもオナニーもポルノも観ていないとのことだった。睡眠時間はわずか5時間だけで十分で夜12時に寝ても朝5時にはぱっちり目が覚めるそうだ。

仕事もバリバリ出来て早朝から仕事してるとのことだった。

私は彼からその禁欲の話を聞く前からおな禁のことを知っていた。
おな禁をすると以下のような効果があるとネット上に都市伝説の様な情報が流布していた。

・モテる
・電車で女の人が隣に座る
・睡眠時間が短くなる
・お金が稼げるetc…

でも当時オナ猿だった私は「本当かよ。どうせ根性論だろ」とおな禁のことをバカにしていたのだ(※今から考えるとだが、実は上記の都市伝説はいくつか当たっている)

友人の口から直接、おな禁の効果を聞いて私のおな禁に対する信ぴょう性が増した。もしかするともしかするかもしれんぞ。と。

そこで私は試しにおな禁やってみてもいいかもしれんぞと思い取り掛かることにした。

本記事はおな禁の経過0~3日目に私の身に起きた効能・効果についての考察である。

スポンサーリンク

おな禁1日目~オナ猿状態が抜けきらない~

おな禁を辞めようと決意した日。

最後のお別れとばかりにお気に入りのエロ動画を観た。お気に入りのエロ動画は洋物。いつもいつも私のちんこがお世話になっている馴染みのブラジル人彼女(空想内)に別れを告げた。

朝に1回、夜寝る前に1回しこしこして射精した。ただそれを最後にX-VIDEOのブックマークをすべて削除しておな禁開始。

そうやって前日にすでにX-VIDEOを観て2発抜いていたので1日目にムラムラは湧いてこなかった。
むしろオナ猿に特有の気だるさがあった。その時の顔はまさに目力がなくだらしなく口元がゆるみきった猿のようであった。

おな禁2日目~打ち寄せるムラムラ、ランニングで解消~

凄いムラムラだ。ムラムラが波の様に打ち寄せてくる。

おもしろいのが本当に波の様なのだ。ある時は小さめのムラムラが襲ってくる。これは耐えれる。

しかしその次には大きめの津波の様なムラムラが襲ってくる。これはかなりきつい。ついついX-VIDEOとググってしまいたくなる。

私はそんな津波の様なムラムラが襲ってきて耐えれそうになくなった時、ランニングと筋トレに行くことにした。

そうやって気をそらすことで安きオナニーに流されないよう立ちとどまったのだ。このようにオナニーのことを考えない、ムラムラから気をそらすというのは単純ではあるものの心理学的にも有効だ。

マシュマロ実験という有名な心理学実験がある。この実験はおな禁において非常に重要なのでしっかり読んでほしい。

1968年、米国の心理学者ウォルター・ミシェルが4歳児らを部屋に集めて実験。

実験者らは児童の目の前にマシュマロを置いた。

「今すぐ食べていいけど、あと15分間待つことができたらもう1つマシュマロをあげる」「途中で食べたくなったらベルを押したら食べてもいい(でももうひとつのマシュマロは無しになる)」と子どもに伝え、実験者は部屋を出た。

マシュマロを食べることなく15分間待つことができた子供の行動の共通点は「マシュマロから気をそらしたこと」だ。

手で目を覆ってマシュマロを見ないようにしたり部屋の隅に行ってマシュマロを見ないようにしていたことだった。

彼らは決して歯を食いしばってマシュマロを食べないように我慢したわけではないのだ。むしろ気をマシュマロから逸らすことでマシュマロを食べずに済んだのだ。

心理学でこの行動を「関心を戦略的に配置する」という。

おな禁を継続する上ではこのように誘惑から気をそらすための環境構築が非常に重要となるのは私の実感するところだ。

おな禁3日目~身体が軽くなった~

ムラムラは継続しているものの身体に少し変化を感じ始めた。

その最たるものが身体が軽くなったことだ。オナニーばかりしていた時は朝起きた時には必ずと言ってよいほどフラッとめまいを感じたものだった。そのめまいがなくなった。

そして身体が軽い。軽快、爽快である。

おな禁以前から筋トレしていたのだがその時は身体に鞭を打ってトレーニングしている感じであった。筋トレはつらい苦行そのものであったのだ。

しかし今は違う。

むしろベンチプレスをしたくてたまらなくなってくる。ジムに行くのが楽しくて仕方なかった。体内に溜まりまくってあふれ出そうなエネルギーを開放したくてたまらないのだ。

3日目は自分の身体が軽くなったのを感じ始める序章である。ここからさらに身体の軽快さ、エネルギーの高まりを感じ始めることになる。

 

おな禁経過4~7日目

おな禁経過4~7日目の効果【睡眠5時間で余裕、目覚めがかつてなく良好】
おな禁経過0~3日の後には明らかにおな禁による効果が顕在化してくる。 中でも効果が顕著だったのは睡眠時間の短縮化と睡眠の質の改善である。 圧倒的な睡眠の質の改善は相当におな禁修行者に勇気をくれる。 何らの達成感やメリットを...

 

【必見】私のオナニー体験記シリーズ

おな禁0~3日目【身体が軽くなる、活力が溢れ始める】
おな禁4~7日目【目覚めが良くなる、睡眠時間の短縮】
おな禁8~14日目【ニキビ減少、肌がサラサラに】
おな禁15~30日目【朝立ちの復活、雄の本領発揮】
おな禁30日目【身体が”雄化”、腹筋バキバキ、女が群がってくる】
おな禁58日目【ついに合体】

 

Comments

タイトルとURLをコピーしました