【成功したい人は筋肉つけよ】筋トレの凄すぎるメリット

スポンサーリンク
身体鍛錬と教養

女にモテて、さらに金も稼いでいる人の共通点は何だろうか?

エネルギー値の高さである。

確実に人間にはエネルギー値の高低があり女もお金もエネルギー値の高い男が好きだ。

ポジティブなエネルギーが波動の様に放出されて周りの人間を魅了していく。

そしてエネルギー値の高い男は主体的に行動しチャレンジし創造していく。生産性が極めて高いので仕事でも成功し金を稼ぐ

一方でエネルギー値が低い男はいつも受動的で「だるい」が口癖。これでモテはずもないし仕事でもうまくいきっこないのだ。

エネルギーは人生の基盤足り得る。

このエネルギー値を高める方法として筋トレが非常に有効だ。以降で筋トレのメリットを解説していこう。

スポンサーリンク

筋トレメリット➀自制心が向上し人生に好循環を生み始める

才能よりも何よりも人の人生の成功を決定づけるのは”自制心”である。これは有名な心理学実験マシュマロテストなどでも明らかになっていることだ。

自制心を持って目の前の誘惑や弱さに打ち勝ち物事を長期にわたって継続できる人が最後に勝つ

筋トレを始めると「今日はしんどいやめとこうかな」そんな弱い自分が顔を出す。へなちょこな自分と向き合うことになる。ただしそこが踏ん張りどころである。

弱い自分の囁きに負けることなくだるいと感じる時でも筋トレをしに行く。そうして克己していくと自制心が鍛えられ向上していく。

そしてこの自制心と言うのは筋トレ以外の分野にも波及していくことになる。

筋トレが習慣になるとブログ執筆、英語学習、プログラミング学習、読書など自分が習慣にしたかったことをいとも簡単に習慣にできるようになる。

自制心が高いので「今日はしんどいやめとこうかな」と物事を簡単に投げ出さず「絶対にやり切る」と粘りが効くようになる。

人は習慣の生き物だ。良き習慣が複利の様に積み重なるととてつもない成果を上げれるようになる。

私事で恐縮だが私はブログを副業でやり始めて毎日のように更新。1年ほどすると本業を楽々超える収益を上げれるようになった。証拠に以下のブログの売上を掲載しておこう。これは1つのASPの売上であり他にも複数のASPと提携しているので売上額はこの数倍となる。

筋トレのメリット②生きる意欲、活力がモリモリ湧いてくる

筋トレをすると生きる意欲活力がモリモリ湧いてくる。エネルギー値が高まる。

筆者は何だかネガティブで後ろ向きな考え方になっているなと感じたらジムに筋トレしに行く。

すると不思議なことにネガティブ感情がスッと消え去っていく。古来より健全な肉体に健全な精神が宿るという言葉が伝わっているわけだが本当にその通りなのだ。

肉体と精神と言うのは密接に相関し合っている。

・栄養のある食事
・十分な睡眠
・定期的な運動または筋トレ

肉体をメンテナンスすることはつまり精神をメンテナンスすることそのものだ。

肉体のメンテナンスを怠っているとどうしても精神不調をきたしてしまうのだ。

実際、筋トレは鬱にも効くという研究もある。

2018年6月にアメリカ医師会報『JAMA Psychiatry』が33の実験(被験者は総計2000人以上)を分析した研究を発表。

筋トレはすべての人のうつやうつに近い症状を軽減する効果が確認されたとのことだ。

まさに肉体は精神に大きな影響を与えているわけだ。

筋トレのメリット③俺ならできる、やれるという圧倒的自信がつく

筋トレをして筋肉を獲得すると「俺はなんでもできるぜ」といったナルシストに近い全能感を獲得する。

とりわけヒョロヒョロ、ガリガリで身体にコンプレックスがあった人ほどその効果は顕著だ。

これはカナダの心理学者バンデューラの自己効力感である。自己効力感とはコンプレックスを克服した人が「自分は変われる」と感じる確信に近い感情のことだ。

筋トレでこの自己効力感を得ると「次はダンスにチャレンジしてみよう」「営業にチャレンジしてみよう」とか苦手だったことに積極的にチャレンジするようになる傾向が認められている。

これは私自身も同意するところだ。筋トレを始めてから「苦手だった書き仕事を頑張る」「プレゼンの練習をする」など自分の苦手を改善するべく主体的に人生を生きるようになった。

筋トレのメリット④ピタっ、服が似合うようになる

筋トレで筋肉がつくとぶかぶか、ゆるゆるだった服が似合うようになってくる。特に効果が顕著なのはTシャツである。

アメリカ人はTシャツが似合う。それは彼らの骨格がデカいからだろう。日本人の私は筋トレ前はTシャツだけだとどこか貧相な感じがあった。

しかし筋トレで筋肉をつけてからは胸筋がモコッと膨らみ始めてTシャツがピタッとフィットするようになった。

筋トレのメリット⑤生産性が高まる

経営者には筋トレ愛好家が多い。

サントリー社長の新浪剛史社長
ランサーズ社長の秋好陽介社長
GMOの熊谷正寿社長
タリーズコーヒーの松田公太氏
JAPAN CRAFT SAKE COMPANYの中田英寿氏

筆者の周りの経営者にも筋トレをしている人が異常なまでに多い。

これは彼らが仕事の生産性のベースとなるエネルギーを高める効果を経験的に知っているからに違いない。

彼らは身体をムキムキにするためというよりも仕事の生産性を高めるために筋トレをしているのだ。

筋トレをすると海馬が活性化して記憶力や認知能力が向上すると研究で判明している。そんな研究を持ち出すまでもなく筋トレをすると思考がすっきりクリアとなり仕事に打ち込めるようになるのは誰もが知っていることだろう。

⑥眠りにつきやすくなる

筋トレをすると熟睡できるようになる。

人間はやはりある程度身体が疲れていないことには脳がいつまでも覚醒状態となって眠りにつきにくいからだ。

身体が疲れると脳が「疲れているから休まないとダメなんだな」と認識し覚醒状態から休止状態へと移行する。

実際、筆者は筋トレをはじめてから急激に規則的な生活を送れるようになった。夜の11時頃になると強烈な眠気が襲ってきてストンと意識を失うかのように眠りに落ちる。「寝たいけど寝れない」なんてことが減った。

⑦モテる色気、女が寄ってくる

筋トレによってモテる。これは筋トレによる副次的な効果だ。

・睡眠がしっかりとれて規則的な生活
・食事に気を遣うようになる
・自制心が高まる
・仕事に打ち込む

日常生活のルーティーンが正しい方向へと改善されてエネルギー値が高まったからである。

エネルギー値が高まり仕事もできる男。

モテないわけがないだろう。

巷の「女性に優しくしよう」「モテる会話術」などの表面的なモテテクニックなどよりも筋トレのような基礎となる生活習慣を持つ方がよっぽどモテに近づいていく。

端正な身体をしていてエネルギー値が高くて仕事もできる男と言うのはそれだけで魅力に映る。

その理由は進化心理学的観点から紐解くと「この男とセックスしてできる子供は健康で後世まで自分の遺伝子を伝えていける」と女性の本能が判断するからである。

なお筋トレの効果を最大限に発揮するにはおな禁も同時に実行することを強く推奨する。

【必見】私のオナ禁体験記シリーズ

おな禁0~3日目【身体が軽くなる、活力が溢れ始める】
おな禁4~7日目【目覚めが良くなる、睡眠時間の短縮】
おな禁8~14日目【ニキビ減少、肌がサラサラに】
おな禁15~30日目【朝立ちの復活、雄の本領発揮】
おな禁30日目【身体が”雄化”、腹筋バキバキ、女が群がってくる】
おな禁58日目【ついに合体】

 

 

Comments

タイトルとURLをコピーしました